気軽に相続の相談をしましょう

カテゴリー: 離婚相談

遺産相続について遺言書を遺す人が増えている

ある方が亡くなったら、その相続人は遺産分割協議をして亡くなった方の遺産の分配方法を決めることになります。

遺産相続の改正の歴史

旧民法(明治31年7月16日~)時代は相続の形態が家督相続と遺産相続がありました。

遺産相続で知っておくべきポイントを簡単に解説

まずは遺産相続においてだれが相続人となるかという問題について解説します。

遺産相続が決まったら最初にするべきこと

もしも、親族の誰かが不幸にも亡くなってしまった場合、お葬式をはじめとしたやらなくてはならないことがたくさんあります。

交通事故で入院し、卒業が遅れたときの慰謝料は?

もし交通事故で入院することなく卒業さえしていれば、さらに1年間通学するために必要な授業料や生活費などは必要なかったことになります。

交通事故の慰謝料請求で相談すべきポイントと説明方法

交通事故の被害に遭ってしまった場合でも、加害者の方に納得出来る金額の慰謝料を請求出来るとは限りません。

弁護士に相続を依頼すること

相続というのは、しっかりとしていてもかなり揉めることがあります。

弁護士と相談した上で相続を決定しよう

弁護士の手を必要とする問題の中でも、頻繁に発生する問題の一つが相続についての問題でしょう。

相続放棄をするときには弁護士に依頼をする

家族や血縁関係者が亡くなったときには、法律に定められている相続の権利者はその範囲内において時効が切れる前に遺産をどうするかを弁護士と相談しなくてはいけません。

相続や遺産分割協議を弁護士に依頼するメリット

高齢化が進む現代では、相続手続きに直面する人は増える一方です。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén