ある方が亡くなったら、その相続人は遺産分割協議をして亡くなった方の遺産の分配方法を決めることになります。しかしもし亡くなった方が遺産相続について遺言を遺していたら、それに従って分配されます。最近では遺産分割協議で相続人間で亡くなった方の遺産を巡って争いになることも多くあるために、予め遺言書を遺しておく人も増えています。自分の死後に遺産相続を巡って争うことを考えただけでも、嫌な気分になります。

そういったことにならないためにも、しっかりと遺言書を遺しておくことを考える人がたくさんいるのです。しかし遺産相続について遺言書を遺したとしても、それが無効となってしまったら元も子もありません。ですから遺言書については民法の規定に従って間違わずに書く必要があります。ただ民法について誰でも詳しく知っているわけではありません。

自分の遺した遺言書が無効にならない為にも、予め弁護士等の専門の人に相談をして遺言書を書く必要があります。今ではたくさんの法律事務所が、遺言書についての講習を行っています。その講習を受講すれば、自分が書いた遺言書が無効になることは殆どありません。民法の規定通りに書けばよいわけですから、それを理解すれば何も問題はないのです。

ですから遺産相続のことで家族間で揉めないように考えている方は、このような講習を利用して遺言書を書くのが良いです。それによって家族間のトラブルを未然に防ぐことができるので、とても良い方法であると言えます。