大切な方が亡くなったら悲しいことですが、それでも行わないといけない事があります。それは遺産相続です。遺言書があればそれに従うだけですが、亡くなる方全員が遺言書を書くわけではありません。かと言って金銭の事ですから、独断では行えません。

ではどうすれば良いかと言うと、まずは遺物整理をしましょう。遺物整理をすることで遺言書を見つけることができるかもしれませんし、資産の総額を知るきっかけになります。その際思い出のある物は、今後の扱いをどうするか必ず相談して決めておきましょう。思い出のあるないは、人それぞれなので勝手に売ったり捨てたりするのはご法度です。

その後は分配になります。お金なら分配できますが、物や土地だと分けることができません。物や土地は1つなので、分配できず所有者をしっかり決めなければなりません。遺産相続は困ることが多いので、困ったら弁護士に頼った方がトラブルが減って楽になります。

このように遺産相続にはいくつかの手間がかかります。残された人の為に遺言書を書いておくことをオススメします。遺言書には書き方があり、その規定通りに書かないと無効になる事があります。書き方はインターネットで調べたり、本を購入するのが良いです。

もし全然イメージできなかったら、相続についてだけでも意識しましょう。つまりこの土地はAに相続させたいな、のような誰に相続させたいかをはっきりさせる事です。それを遺言書に書いておく事でトラブルを回避できます。