遺産相続の流れを知っておけば、実際に被相続人が亡くなったときに速やかに手続きを行うことができます。そもそも、遺産相続の権利と言うのはどのようにして与えられるのでしょうか。遺産相続は、被相続人が亡くなった段階で法定相続人に対して権利が与えられます。ただし、与えられた相続権をどのようにするかは本人の自由となっているため、権利を行使するだけではなく相続したその権利を放棄することも可能です。

仮に、相続権を放棄したときにはその段階で遺産を相続する権利を失うことになります。相続をする場合には、遺言書があるかそうでないかを確認することが大事です。遺言書が存在する場合には、その遺言に従って相続分を分割しなくてはいけません。この場合には、法律で定められている相続分で相続する必要は無くなります。

特定の人に対して多くの相続をさせることが可能になるため、まずは遺言書にどのような内容が書かれているのかを精査しなくてはいけないのです。反対に、遺言書が存在しない場合には民法で定められている割合によって相続分を分割しなくてはいけません。この割合に関しては被相続人がどのような立場であったかによって異なります。家族の中で相続分の優先順位が異なるため、法定割合がわからない場合には弁護士などの専門の法律家に相談することも一つの手段です。

遺産相続をするときには、与えられた権利を家族同士でどのように扱うのかを決めてスムースに手続きを済ませましょう。