遺産相続は、亡くなった方の全財産を配偶者もしくは、本人の子供に対して分け与えられることを言います。財産の中には、貯金や金融資産、絵画や美術品などの物的資産なども含まれますが、気をつけなければいけないのは、亡くなった方がしていた借金やローンなども財産の一部として引き継がれることになることです。遺産相続は拒否することもできるので、相続する場合には確認してから相続するかどうか判断することが重要です。遺産相続は、遺産の持ち主が亡くなられたと同時に開始されます。

相続を受ける方は届出を申請する必要などはなく、亡くなられたと同時に分け与えられる仕組みになってます。遺産の割合は民法によって決まっておりますが、遺産の相続を行う被相続人となる方の遺言書が残っている場合には、遺言書の条件が優先されます。遺産相続を受けるためには、遺産の相続を行う被相続人の法定相続人という被相続人を中心としたご家族が対象となります。法定相続人には、相続順位というものが民法で定められております。

遺産の相続をうける優先順位があり、まず、被相続人の配偶者が最優先され、被相続人の子供や養子に当たる方も相続を受ける権利があります。そういった方々がいらっしゃらなかった場合には、被相続人の両親に当たる方が、さらに、そういった方が誰もいらっしゃらない場合にご兄弟に遺産相続を受ける権利が与えられます。相続をする際にトラブルが起きないように法律のことをしっかりと把握しておくことが大切です。