経理は、事業を行っていく上で欠かせない存在ですが、経理を行うためには専門の知識が必要でありその能力のある人を雇用する必要があります。もちろん、事業主自身が行うこともできますが、会社の規模が大きくなれば誰かに経理を担当してもらうことになります。会社が一定の規模になれば経理を自社で雇うのが一般的ですが、それほどの事業規模でない場合には経理代行を依頼するという選択肢もあります。経理代行は社外の人に経理を行ってもらうというものです。

このため自社で経理担当者を雇う必要がなくコストを抑えることができます。経理代行では必要書類を送付し、それらをもとに記帳事務を行ってくれます。なお、経理代行はあくまでも会社の経理を社外に委託することであり、会計処理までは行ってくれません。一方でデメリットとしては、社内の経理情報を社外の人間に知られるという点です。

信頼できる業者であれば問題ありませんが、そうでない場合には情報流出のリスクが伴います。また社外に委託するためリアルタイムで経理の状態を把握することができませんし、コミュニケーション不足による行き違いも発生するといったデメリットがあります。このため、スピード感を持って取引を行うような業種には社外に委託することでそれだけの時間が掛かるため、大きなデメリットになります。このような仕組みから経理代行を利用するさいにはその目的とリスクをしっかりと理解しておく必要があります。