弁護士に生前相続の手続きを依頼するときには、財産を持っている人物ときちんと契約を締結しておかなくてはいけません。基本的に、生前相続は死後の相続と異なって勝手に権利関係が生じるわけではなく、法律的には贈与という形で相手に対して財産を継承させることになるため事前の契約が必要になるのです。事前の契約が存在しないと弁護士もそのことを証明することができないので、生前に準備しておくことはしっかりと行っておきましょう。では、なぜ生前に相続をする時には贈与という形になるのでしょうか。

理由は明快で、財産を持っている当人がまだ生きているからです。生きている人間を亡くなっていることには出来ないので、法律的にも財産を持っている人が第三者に対して与えることができる手段と言うのは贈与しかないのです。また、贈与をする時には亡くなる前の三年程度前から契約に基づいてきちんと行っておくことが大事です。それより期間が短いと、死後の相続に関連する問題を解消するために故意に贈与をしたと判断されるため税金問題などでややこしくなってしまいます。

三年以上経過していると年間の贈与税を考慮することによって一切の税金をかけることなく子供や配偶者に財産を分配することも可能です。契約書を作るときには弁護士などのようにきちんとした証明を出来る人に作ってもらうことが賢明です。そうしておけば、後から外野から何かを指摘されても生前の契約書を理由にそれらの意見に反論することが出来ます。広島の過払い金の弁護士のことならこちら